ネットを通じて顧客と会話をするチャットレディは、手軽に稼ぎやすいと女性に人気の仕事です。

 

このチャットレディには在宅型と通勤型の2種類が存在しますが、果たしてどちらが良いのでしょうか?

 

現状では在宅型で仕事を行う人が多いとされています。

とはいえ、通勤型のチャットレディだからこそのメリットも豊富なため、ライフスタイルに合わせて通勤型を選択するのも悪くありません。

 

通勤チャットレディのメリットとして大きいのが、『 身近な人に仕事の様子を見られずに済む 』ことです。

 

1人暮らしであれば周囲の目を気にせずに済むものの、恋人や家族と同居している場合、上手に隠していてもいずれバレてしまう危険があります。

通勤チャットレディなら勤務先で仕事を行うため、バレずにのびのびと仕事に打ち込めます。

 

経験豊富なスタッフから、仕事のやり方を直接教えてもらえるのもメリットです。

 

在宅型では自宅にネット回線とパソコン、スマホの他、カメラがあれば仕事を行えますが、たった1人で始めますので顧客とどのような会話をすればよいのか、スムーズに顧客を集める工夫などについて、独自に学ばなければなりません。

 

慣れている人に比べると圧倒的に不利な状況です。

満足できる収入を獲得するまで相当の時間がかかる恐れがあります。

 

通勤型なら上達が早く、すぐに稼げるチャットレディとして働けるようになるでしょう。

トラブルが発生したときにスタッフが助けてくれたり対応の仕方を教えてくれるからです。

 

自分の姿をより綺麗に見せる照明やカメラが設置されており顧客に注目されやすいなども、通勤チャットレディのメリットです。

 

通勤型は楽な仕事?在宅のチャットレディとの違いは?

 

通勤チャットレディは様々な企業が募集を行っていて、勤務時間を自分で調整できるのが人気の理由になっています。

通勤日や通勤時間も自由と言うケースも多く、深夜や早朝は送迎を行ってくれる場合やタクシー代の支給を行っているケースもあります。

 

在宅のチャットレディーとの違いは、給与体系や社会保険などの待遇面になります。

通勤チャットレディの場合は出来高制の給与だけでなく時給制で働ける場所もあります。

 

在宅のチャットレディーは多くが完全出来高による収入になるため、時給で最低限の報酬が得られるのは大きなメリットです。

また、一定条件を満たせば社会保険に晴れるなど福利厚生に気を配っている場合も多いのです。

 

確定申告などのサポートも行ってくれるのは通勤チャットレディとして働くメリットの一つです。

在宅の仕事の場合は自分で勉強する必要があり、企業からのサポートが受けられないからです。

 

一定上の収入を得た場合は確定申告が必要で、申告が漏れると脱税を疑われる可能性もあります。

 

また、通勤チャットレディの場合は身バレのリスクが小さくなります。

通勤チャットレディは配信用の部屋が用意されているため、自宅で配信したときの小物や間取りから個人が特定されるリスクを排除できます。

 

衣装の貸し出しを行ってくれる業者も存在するため、私服からの身バレも防ぐことが可能です。

 

通勤チャットレディの場合はパソコンを自分で用意することも、安定したインターネット回線を用意することもないため、初期費用がかからないことも魅力です。

在宅の場合は全て自分で揃える必要があるためです。