Uberの配達員は、上司も部下もいない状態で仕事ができるため、精神的な負担は全くありません。

また、自分で労働時間を決めることができるため、裁量の範囲が広く、自由度の高い仕事です。

 

唯一縛られるのは、『 顧客との約束 』だけです。

 

Uberのアプリを介して配達の依頼が入った時、その仕事を請け負った場合、確実に顧客のもとへ配達する義務が生じます。

つまり、顧客との約束を遵守すれば、それ以外は全て自己裁量に基づく自由な働き方と言えるのです。

 

隙間時間や休日に働きたいと思った時、即座に働き始められるのがUber配達員の仕事であり、労働者としてはとても参加しやすい柔軟性を享受できるのです。

報酬については、時給の概念は無く、自分の仕事の成果が全て反映されます。

 

具体的な報酬相場は、1キロの距離にて配達した場合、約400~500円の報酬が発生します。

地域の事情や地理について理解があるほど、効率よく配達することができるため、より多くの報酬を得られます。

 

一方、あまり馴染みのないエリアである場合、Uber配達員として高報酬を得るのは難しいと言えます。

なお、報酬は1週間単位にて支払われます。

 

スピーディーに報酬を手にできる仕事であるため、労働者としては便利な労働環境と言えます。

ただ、配達の仕事であるため、天候やイベントによって配達環境が左右されるのは難点です。

 

また、配達に伴うやり取りはインターネットを介するため、通信環境は自分で用意する必要がある点に注意です。

 

今後はどんどん伸びるので期待できる仕事

 

外資系の料理宅配サービスは、今後はさらに伸びる仕事だと思います。

少子高齢化ですし、免許を返納する年配者も多くなっています。

 

健康面の都合で外に出ることも難しい。

そのため、この仕事は将来性抜群です。

 

実際に街中でもUberの配達員をよく見かけます。

自転車か125cc以下のバイクがあれば、気軽に始めることができるのも大きいですよね。

 

18歳以上であれば、誰でも始めることができます。

ウーバーイーツの給料はGPSで移動距離を計測し、その距離に応じて支払いがされます。

 

曜日や時間帯によってボーナスも発生します。

頑張れば1時間で2,000円以上稼ぐことも可能なんです。

 

これは、他の仕事と比べても、高い給与水準じゃないかなと思います。

給料もですが、好きな時間に働けるということが良いですよね。

 

夢を追ってアルバイトをしている方や、主婦の人なんかにはおすすめです。

最近は副業として働いている人も多いようです。

 

仕事の始め方は登録会に参加して説明を受け、プロフィールを登録すれば始めることができます。

面倒な手続きは発生しないので、誰でも始めることができます。

 

仕事はアプリをオンラインにすれば、仕事が入ってくるという仕組みです。

仕事をしたくない場合は、オンラインにしなければいいんです。

 

アプリに表示されたお店に商品を取りにいき、受け取ったら住所が表示されるのでそこに届ける。

そして報酬が発生する仕組みです。

 

基本は一人で仕事をするので、煩わしい人間関係の悩みもありません。

メリットの多い働き方だと思います。